イントラレーシックとは

イントラレーシックは、レーシックの手術方法のひとつで、高精度のレーザーによってフラップ(角膜に作るフタ)を作成する最先端の技術です。

通常のレーシックでは、マイクロケラトームという電動カンナのような装置でフラップを作成しますが、イントラレーシックの場合、コンピューターによる制御によって作成するので、より正確で安全に手術を行うことができるのです。

レーシックイントラレーシック
左が通常のレーシック、右がイントラレーシックの方法です。


通常のレーシックでも、精巧なフラップを作成できますが、カンナ部分の往復運動により、フラップの断面がでこぼこしたり、ヒンジ(フラップのつなぎ目)の部分が斜めになるため、まれにシワの原因となることがあります。

一方、イントラレーシックは、コンピュータ制御によりフラップを作成するので、断面もヒンジの部分も非常に綺麗に仕上がります。

さらにイントラレーシックは、従来のレーシックにくらべて、よりフラップをうすく正確に作成することが可能なので、その分角膜を削りとれる量が増えて、通常のレーシックよりも強度の近視を矯正することができます。

現在、イントラレーシックを取り入れている医院はごくわずかですが、品川近視クリニックでは早くから導入しています。

詳しくは医院ホームページにてご確認下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。