どの眼科を選べばいいのか

レイシックは安全な手術とはいえ、医師の技術や機器の品質などにより効果が異なります。大切な目のことですから、手術を受ける眼科は以下のリストを基準にして慎重に選びましょう。

日本眼科学会から認定された「眼科専門医」であるか
レイシックは、原則として日本眼科学会が認定した眼科専門医でなければ手術を行うことはできないとされています。しかし、なかには眼科専門医でもない医師が手術を行っているのところもあり、そういった医師の手にかかると、術後に合併症を起こすリスクが高くなります。したがって、レイシック眼科を選ぶときは、眼科専門医であるか確認することが重要です。

医師の手術経験は豊富か
手術実績が多い眼科であれば、より確実で安全に視力が回復できます。

料金が明確にされているか
レイシック手術には、適応検査代・手術代・術後の定期健診代・薬代等が必要です。パンフレットやウェブサイト等できちんと明記してあるか確認しましょう。

クリニックの環境は整っているか
レイシックは目の手術ですから、手術室の清潔さは重要です。また精度の高い最新のレーザー機器を導入しているかどうかも判断材料になります。

カウンセリングをしっかりしてくれるか
手術前にレイシックについての十分な説明をしてくれることはもちろん、メリット・デメリットをきちんと説明し、患者のことを第一に考えてくれる病院を選びましょう。また、手術後のアフターケアもしっかり対応してくれるところがベストです。


■おすすめレーシック医院の価格比較(両眼)

クリニック名
価格
備考
品川近視クリニック 19万8,000円 イントラレーシック世界一の近視矯正専門医院。クーポン利用で1万円割引き。
眼科松原クリニック 18万円 院長自ら手術を行います。その為1週間で10組限定。


東京のレーシック医院
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。